ウクライナ、欧州投資銀行と6億4000万ユーロの融資合意締結

ウクライナ、欧州投資銀行と6億4000万ユーロの融資合意締結

ウクルインフォルム
ウクライナ政府と欧州投資銀行(EIB)は、インフラ・輸送分野における優先プロジェクトの実現を目的に、総額6億4000万ユーロとなる3つの融資合意を締結した。

9日、インフラ省がウラディスラウ・クリクリー・インフラ相による発言を発表した

クリクリー氏は、「本日、同銀行と3つの投資合意を結んだ。ウクライナは、これらに従い、東部のインフラ改善、ルハンシク州の道路網刷新、約20のウクライナの都市の電化交通機関の購入に6億4000万ユーロを得ることになる」と発言した。

総額の内、3億4000万ユーロを東部の重要な社会・輸送インフラ刷新・改善にあてられるとのこと。対象は、幼稚園、病院、郵便局、街頭の照明、水道システム、市民交通機関と関連インフラとなり、裨益(ひえき)対象は、同地在住の1400万人のウクライナ国民となるとのこと。

その他、1億ユーロは、ルハンシク州の道路ネットワークの再生に、また2億ユーロは、「ウクライナ市内交通プロジェクト」の実現にあてられる。同プロジェクトは、トラムやトロリーバス、地下鉄車両など、全て電化された市民交通手段の購入を定めている。同プロジェクト対象都市は、18の都市が予定されている(シェヴェロドネツィク、ヴィンニツャ、ウジホロド、クレメンチューク、ビーラ・ツェルクヴァ、メリトポリ、カムヤンシケ、フメリニツィキー、テルノーピリ、クリヴィー・リフ、ドニプロ、ルーツィク、ザポリッジャ、リヴィウ、ポルタヴァ、オデーサ、チェルニウツィー)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-