ロシア占領政権、クリミア占領時に奪取したワイナリーを売却へ

ロシア占領政権、クリミア占領時に奪取したワイナリーを売却へ

ウクルインフォルム
ロシアがコントロールする占領政権の「クリミア資産土地関係省」は、2014年に違法に「国営化」したワイナリー「マサンドラ」社を売却しようとしている。

ラトビアのメドゥーザ通信が報じた

競売に出されているのは、「生産農業集合体マサンドラ」社の全株式。売却額は53億ルーブルから始まっている。

競売は、12月14日に開始する予定となっている。

なお、マサンドラ社は、クリミアにて最古かつ最大のワイナリー。

2014年、ロシアがクリミアを占領した際に、ウクライナ国営マサンドラ社は、ロシア連邦大統領資産庁の資産に「編入」すると発表された。その後の同年5月、マサンドラ社は、民営化対象となることが発表されている。

クリミアでは、2014年の占領時に約480のウクライナの企業・組織が「国営化」されている。

また、クリミア占領以前からウクライナ大陸側で活動していたマサンドラ社の一部は、2014年以降、ウクライナ閣僚会議事務局商業財政局を所有者として、経営を続けている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-