IMF、ウクライナの本年GDP落ち込みをマイナス7.2%に上方修正

IMF、ウクライナの本年GDP落ち込みをマイナス7.2%に上方修正

ウクルインフォルム
国際通貨基金(IMF)は、2020年のウクライナのGDP(国内総生産)落ち込みを、6月発表時の-8.2%から-7.2%に上方修正した。

IMFの10月報告書「世界経済発展展望」にて記載されている。ウクルインフォルムが報告書を入手した。

IMFは、欧州経済の一覧表にて、2020年のウクライナの実質GDPはマイナス7.2%となると記している。6月時点のIMF発表では、この数値はマイナス8.2%であった。

また、2021年のウクライナの実質GDPは、プラスに転じ、3.0%の成長となると予想されている。

その他、消費者物価指数は、2019年が7.9%であったのに対して、今年は3.2%、2021年は6.0%の予想となっている。失業率は、今年11.0%との予想に対し、2021年は9.6%と若干改善する見込みが示されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-