ウクライナのGPD落ち込みは地域の隣国と比べて小さい=世銀

ウクライナのGPD落ち込みは地域の隣国と比べて小さい=世銀

ウクルインフォルム
世界銀行は、2020年のウクライナのGDPの落ち込みは、地域の他の多くの国に比べて小さく、5.5%となるだろうとの予想を示した。

世界銀行ウクライナ支部がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「ウクライナ経済は、過去数年の均衡のとれた通貨・金融政策のおかげで、強力かつ準備のある状態でコロナ禍を迎えた。今年のGDPの落ち込みは、5.5%水準と予想されている。これは、地域の他の多くの国より小さい」と書かれている。

同時に世界銀行は、構造改革履行の遅れから、経済成長の回復は控えめなものになるとし、2021年は+1.5%、2022年は+3.1%の予想だとする評価を示した。

その上で、「決定的に重要なのは、投資の増加、マクロ経済安定性の維持を目的とした国政方策のできるだけ迅速な実行である」と指摘している。

なお、世界銀行の2020年秋の欧州・中央アジア経済報告書の全文は、公式サイトからダウンロードできる。ウクライナに関する報告は、159〜160ページ。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-