ウクライナとEU、6つの合意文書に署名

ウクライナとEU、6つの合意文書に署名

写真
ウクルインフォルム
ウクライナと欧州連合(EU)は6日、ブリュッセルでの首脳会談の一環で、6つの財政関連合意文書に署名した。今回の合意によるEUからウクライナへの支援総額は、約4億ユーロとなる。

ブリュッセルにて署名式が開催された。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

1つ目の合意文書は、ウクライナ政府と欧州委員会の間で締結された、「EUプログラム『強力な地域』」方策支援で、支援総額は3000万ユーロとなる。

2つ目は、ウクライナ政府と欧州委員会の間で締結された、「ウクライナの市民社会発展メカニズム」方策への財政支援で、支援総額は2000万ユーロとなる。同合意文書は、ウクライナの市民社会の機構強化と、市民社会の改革プロセス・国の発展への影響力強化、ジェンダー問題や家庭内暴力への対策を含む人権保護を目的としている。

3つ目は、ウクライナ政府と欧州委員会の間で締結された、「ウクライナにおける安定した経済のための気候パッケージ(CASE)」方策への財政支援で、支援総額は1000万ユーロ。同合意は、気候面で中立的なエネルギー供給への移行、エネルギー消費効率性の補完、気候変更との闘いに向けた政策作成と実現を定めている。

上記3つの合意は、ウクライナ政府を代表して、オリハ・ステファニシナ欧州・欧州大西洋統合副首相が署名した。欧州委員会側からは、オリヴェル・ヴァルヘリ欧州近隣政策・拡大交渉担当委員が署名した。

4つ目の合意文書は、ウクライナ政府と欧州投資銀行(EIB)の間で締結された、「ウクライナにおける民間建築の効率」プロジェクトへの財政支援であり、民間人居住施設の暖房設備の近代化を目的とした、総額3億ユーロの大型支援となる。ウクライナ政府からは、チェルニショウ地方自治体発展相が署名した。

その他の2つの合意文書は、ウクライナとEIBの間で締結された国営郵便ウクルポシュタ社の発展とデジタル移行における協力を定めており、3000万ユーロが割かれる。ウクライナからはクリクリー・インフラ相とスミリャンシキー・ウクルポシュタ社総裁が署名を行った。

なお、6日、ブリュッセルにて、第22回ウクライナEU首脳会談が開催された。

写真:EU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-