デジタル省、行政サービス・アプリ「ジーヤ」の更新内容を発表

デジタル省、行政サービス・アプリ「ジーヤ」の更新内容を発表

写真
ウクルインフォルム
デジタル移行省は5日、行政サービスをスマートフォンで受けられるアプリ「ジーヤ(行動)」の更新内容を発表した。今回のアップデートにより、同アプリで受けられる行政サービスや電子証明書が追加された。

同日開催されたプレゼンテーション「ジーヤ・サミット」の際に更新されたアプリ「ジーヤ2.0」が紹介された。

ミハイロ・フェードロウ副首相兼デジタル移行省は、「ジーヤ」の安全を示す証明書が発行されたことを報告し、更に米国国際開発庁(USAID)やエストニアEガバナンス・アカデミーのパートナーたちによるテストも行われ、その際も非常に良い結果を受け取ったと伝えた。

更に副首相は、11月には「バグ報奨金プログラム(バグ・バウンティ)」を開始し、ホワイトハッカーが同月中にアプリ「ジーヤ」の脆弱性を見つけて、アプリを破壊した場合、「報奨金として100万を得られる」と発表した。

副首相はその際、「私たちは、自分たちの製品に確信を持っており、このようなコンテストを繰り返し開いていく。なぜなら私は、『ジーヤは安全だ』と確実に言えるからだ」として、同アプリの安全性を主張した。

写真:ヘンナジー・ミンチェンコ/ウクルインフォルム

今回のプレゼンテーションにて、同日から政府アプリ「ジーヤ」にて車両所有者以外の運転可能登録人物の表示、子どもの出生証明、国内避難民証明書、納税者番号の表示が可能となる。

またアプリ内の電子身分証明書にて、登録居住地の表示も可能となっている。現在、同サービスは、ハルキウ市でしか利用できないが、数日後にキーウ(キエフ)市で、数か月以内に全国で利用可能になると発表された。また、キーウとハルキウでは、14歳未満の児童の居住地登録もオンラインで可能となっている。

その他、交通ルール違反時の罰金や滞納金などの支払いもジーヤ内にて行えるようになった。

また、国営郵便ウクルポシュタ、民間郵便「ノヴァー・ポシュタ」、国営プリヴァト銀行、モノ銀行の各店舗窓口にて、ジーヤを通じて電子文書の共有が行えるようになった。

更に同日から、ジーヤ・ポータルサイトにて、非公開有限責任会社の登録を30分で行えるようになっている。

病院の出生証明書の電子化が始まり、出生登録も完全にオンラインで可能となった。

なお、スマートフォン用行政サービスアプリ「ジーヤ」は、2019年9月27日に発表され、同年12月にはテスト版の利用が可能となり、33の行政サービス・電子文書がアプリ上で扱えるようになっていた。

現時点で、同アプリを使っているウクライナ国民は約500万人。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-