ウクライナ経済の落ち込みは危機的なものではない=欧州復興開発銀行

ウクライナ経済の落ち込みは危機的なものではない=欧州復興開発銀行

ウクルインフォルム
欧州復興開発銀行(EBRD)は、ウクライナの経済水準の落ち込みは4.5%となっているが、危機的なものではないと考えている。

24日、イリーナ・ノヴィコヴァEBRDウクライナ事務所副所長がリヴィウ・ビジネス・フォーラムにて発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ノヴィコヴァ氏は、「パンデミック(感染症の世界的拡散)による経済の変化の生じている世界の地図を見ると、発展途上国の状況は、イングランドやドイツのような先進国と全く変わらない。私たちの今のところの試算では、ウクライナの経済の落ち込みは約4.5%であり、年内に5.5%まで下がる可能性がある。しかし、私たちの予想は楽観的だ。回復に向けた全ての発展要因があるのを見ており、私たちは同国の経済は来年には回復していくと考えている」と発言した。

ノヴィコヴァ氏は、1週間後にはEBRDの株主総会があり、そこにウクライナの代表者も出席し、そこで経済指標が正式に発表されると伝えた。

今回の発表は、9月24日にリヴィウ州で開催されたリヴィウ・ビジネス経済フォーラムで行われたもの。政府機関や地方自治体、主要銀行や関係機関、企業家が出席している他、国際金融機関や海外の投資企業からも代表者が招待されている。今回のテーマは、「世界経済の新しい現実、ウクライナについての予想」であった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-