内閣、5000フリヴニャの出産助成金を決定

内閣、5000フリヴニャの出産助成金を決定

ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は、新生児が誕生した場合にこれまで提供されていた関係品の入った「子供用品ボックス」に代わり、出産助成金を一律5000フリヴニャ提供することを決定した。

29日の閣議にて決定された。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

決定採択時、マリーナ・ラゼブナ社会政策相は、「本案は、子供が生まれた国民への5000フリヴニャの助成金を確定し、特別に使用方法を定めた特殊カードを提供することを提案するものだ」と発言した。

大臣は、助成金は、国営プリヴァト銀行の特別口座を通じて受け取ることができるとし、親は助成金で育児関連品を購入できると説明した。

デニス・シュミハリ首相は、この助成金で購入できるのは子供に必要なものだけとなると説明した。

写真:中央銀行


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-