ジトーミル市にてベラルーシ製トロリーバスの運行開始

ジトーミル市にてベラルーシ製トロリーバスの運行開始

写真
ウクルインフォルム
ジトーミル市では、近日中にベラルーシ製のトロリーバスが運行を開始する。

スホムリン同市市長とソコル駐ウクライナ・ベラルーシ大使がジトーミル路面電車・トロリーバス運行会社にトロリーバス5台を引き渡した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

スホムリン市長は、「昨年、ジトーミル市にて経済フォーラム(編集注:ウクライナ・ベラルーシ第2回地域フォーラム)が開催され、その際、私たちは、同市へのトロリーバス供給覚書に署名した。今日、私たちは、最初の5台のトロリーバスを公共企業に引き渡す。数日後には、これらのトロリーバスは、ジトーミル市にて運行を始める」と発言した。

写真:イリーナ・チリツャ/ウクルインフォルム

ソコル・ベラルーシ大使は、製造したのは同国のベルコムンマシュ社であり、残りの45台も年内にジトーミル市に引き渡されると伝えた。

ジトーミル路面電車・トロリーバス運行会社は、新しいトロリーバスは、これまでのものよりもはるかに快適であり、例えば、事故が起きても内蔵電池にて単独で500メートル走行することが可能であり、また冷房、監視カメラ、ノンステップスロープが設置されていると伝えた。

なお、昨年、ジトーミル市は、総額1000億ユーロのクレジットによる新しいトロリーバス50台の獲得に関するグラント合意に署名していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-