オデーサ州ターミナルにベラルーシ向けアゼルバイジャン産石油タンカー到着

オデーサ州ターミナルにベラルーシ向けアゼルバイジャン産石油タンカー到着

写真
ウクルインフォルム
ウクルトランスナフタ社は、オデーサ州ピウデンニー海洋石油ターミナルにて、アゼルバイジャンのアゼリライト社の石油9万トンを積んだタンカー「キャプテンAステラトス」の受け入れ作業を始めた。

ウクルトランスナフタ社広報室がフェイスブック・アカウントにて伝えた

発表には、「2020年3月20日、ウクルトランスナフタ社は、海洋石油ターミナル『ピウデンニー』にて、アゼリライト社の軽油9万トンを積んだ最初のタンカーの受け入れを開始した。この石油は、今後、『オデーサ~ブロディ』石油パイプラインと2本ある『ドルージバ』石油パイプラインの内の1本を通じて、ベラルーシの石油精製工場に送られる」と書かれている。

ベラルーシへの石油輸送業務は、ウクライナのウクルトランスナフタ社と、ベラルーシ石油会社参加企業である英国のBNK社の間の契約の一環で行なわれているとのこと。同契約は、2020年末までの「オデーサ~ブロディ」パイプラインと「ドルージバ」パイプラインを使い、モジルシキー石油精製工場への石油輸送に関する両者の協力を定めるものだという。

なお、ウクルトランスナフタ社は、ロシア産石油をチェコ、スロバキア、ハンガリーに向けても輸送していると伝えた。

これに先立ち、1月21日、ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領は、ベラルーシは石油をウクライナ経由で30%購入する計画だと発言していた

これは、1月1日に、ロシアが、石油価格に関する見解不一致から、ベラルーシへの石油供給を停止したことを受け、ベラルーシ政府が代替的石油供給源を模索し始めたことによる。同国政府は、代替の経由・供給元としてウクライナ、ポーランド、バルト諸国、カザフスタン、アゼルバイジャンを挙げていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-