新内閣はIMFら国際金融機関との協力を続ける=シュミハリ新首相

新内閣はIMFら国際金融機関との協力を続ける=シュミハリ新首相

ウクルインフォルム
新内閣は、均衡ある金融政策や国際通貨基金(IMF)やその他の国際金融機関との協力を続けるつもりである。

6日、デニス・シュミハリ首相がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

首相は、「内閣改造は、私たちがウクライナにてより質が高い改革を迅速に行ないたいと思っていることを意味する。政府は、均衡ある金融政策とIMFやその他のウクライナに融資する主体との建設的な協力を継続する。ウクライナ国民の長期的福祉達成と持続可能な経済成長が私たちの共通の目的だ」と発言した。

首相は、「政府は新たな挑戦を受け入れ、改革の道をより積極的に進み、欧州連合(EU)への統合を進める準備がある」と書き込んだ。

なお、ウクライナのユーロ債を持つ投資家たちが内閣改造を否定的に受け止め、これらを売却し始めており、価格が低下していると報じられている。投資家は、ウクライナの改革が鈍化し、IMFとの協力プログラムへの署名が遅れ、財政赤字が増すことを懸念しているという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-