EU、ウクライナ産鶏肉の輸入を一時停止 鳥インフルエンザ発見受け

EU、ウクライナ産鶏肉の輸入を一時停止 鳥インフルエンザ発見受け

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、ウクライナ領内にて鳥インフルエンザが発見されたことに関連し、ウクライナ産鶏肉の輸入を一時的に停止した。

23日、国家食料品安全・消費者保護庁が発表した

発表には、「欧州委員会から昨晩入った最新情報では、ウクライナからEU域内への、鶏肉製品、非加工鶏肉製品の持込を一時的に停止するとのこと。卵・卵製品はこの対象には当てはまらない」と書かれている。

同庁は、過去の評価報告書、協議や事前合意からして、今回のEUの決定はウクライナ側にとって、驚きであり意外であったと強調した。

同庁は、ウクライナは世界貿易機構(WTO)や国際獣疫事務局(OIE)加盟国としての国際義務に従って、鳥インフルエンザ発見事例を緊急に国際貿易パートナーに通達したことを伝え、「ウクライナの採った鶏インフルエンザの管理・処分の方策は、EU加盟国の行なっているものと同等と認められるものだ」と強調した。

これに先立ち、本年1月18日、ヴィンニツャ州の民間企業「フーチル」にて、ニワトリの死亡が確認され、診断の結果、鳥インフルエンザによるものだと判明していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-