ボフダン社、電気自動車「JAC」を発表

ボフダン社、電気自動車「JAC」を発表

ウクルインフォルム
ウクライナの自動車メーカー「ボフダン」グループの「ボフダン=アウトトレイド」社は、国際電気自動車・ハイブリッド自動車展示会「プラグイン・ウクライナ2019」にて、新しい電気自動車「JAC iEV7S」を披露した。

29日、同社広報室が伝えた

同社ゼネラル・マネージャーのオレクサンドル・ルツェンコ氏は、「多くの訪問者にとって、JAC iEV7Sは、本当の発見となったことでしょう。ウクライナに、2万6000ドルの価格で、一度の充電で300キロメートル走行可能な最新の電気自動車を発表する、このようなブランドが誕生することなど、想像できた人は多くないでしょう」と発言した。

メーカー関係者は、JAC iEV7Sの技術的特長として、Samsung製の40キロワットのリチウムイオン電池が搭載されていること、また、様々な天候に対応しており、-30度から+45度の気温条件で走行可能であると指摘した。

写真:ボフダン社ウェブサイト


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-