IMF、ウクライナの新内閣発足後に協力を再開する準備があると発表

IMF、ウクライナの新内閣発足後に協力を再開する準備があると発表

ウクルインフォルム
国際通貨基金(IMF)は、最高会議(国会)選挙が終わり、新内閣が組閣された後、ウクライナとの協力を再開する用意があるとし、現在、ウクライナを訪問しているIMFミッションは同国政権との協議を継続しているところだと伝えた。

23日、ジェリー・ライスIMF報道官が発表した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ライス報道官は、「ミッションは、現在キーウを訪問している。彼らは、最近の情勢と経済政策につき、政権側と建設的な協議を行っている」と発言した。

記者が、今後の協力の展望について尋ねると、ライス報道官は、IMFはウクライナの新内閣が発足することを期待していると述べた。同報道官は、「(最高会議)選挙後、新内閣が組閣され次第、私たちは、ウクライナとの今後の協力についての協議に戻る準備がある」と発言した。

一方、最高会議解散と内閣総辞職が現在のウクライナに対するスタンドバイ・クレジット・プログラムにリスクをもたらすことはないかとの問いに対しては、ライス報道官はコメントしなかった。

同報道官は、「私たちは、どの国でも、政治的な変化についてコメントすることはない。私は、ウクライナに関してもコメントはしない」と発言し、同時に、IMFは新内閣発足後にウクライナとの協力に戻る用意があり、また、IMFは過去数年間ウクライナとの間で密接なパートナー関係を有していると繰り返した。

加えて、同報道官は、クリスティーヌ・ラガルドIMF専務理事がヴォロディーミル・ゼレンシキー新ウクライナ大統領に書簡を送っており、そこで同大統領に選挙での勝利を祝福したことを伝え、また、ラガルド専務理事は同書簡においてIMFは今後も支援を続ける準備があると伝えたことを明かした。

なお、これまでの報道では、2018年12月、IMF理事会が14か月間の総額39億米ドルの対ウクライナ・スタンドバイ・クレジット・プログラムを確定。そのうち14米億ドルは即時供与されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-