大富豪コロモイシキー氏、ウクライナへ帰還

大富豪コロモイシキー氏、ウクライナへ帰還

ウクルインフォルム
大富豪(オリガルヒ)のイーホル・コロモイシキー氏は、イスラエルからウクライナへ帰還した。コロモイシキー氏がウクライナへ戻るのは2017年6月以来のこととなる。

16日、汚職調査番組「スヘーミ」のミハイロ・トカーチュ記者がテレグラム・チャンネルで伝えた。

トカーチュ記者は、「午前2時30分、テルアビブからドニプロ空港へプリヴァト・グループの飛行機『UR-PRT』が到着。乗客に関する情報は今のところない」と書き込んだ。

その後、同記者は、情報筋によれば、コロモイシキー氏が同飛行機に乗り、ウクライナに到着したらしいと書き加えた。

また、その後、本件に関して、コロモイシキー氏本人がバベル通信に対して帰国の事実を伝えた上で、また今後何をしていくか決めていないと発言したとのこと。

なお、コロモイシキー氏はこれまで数度にわたり、ヴォロディーミル・ゼレンシキー次期大統領の就任式後にウクライナへ帰還すると発言していた。

これに先立ち、4月18日には、キーウ市区行政裁判所がコロモイシキー氏のウクライナ中央銀行、閣僚会議(内閣)等を相手とした訴状内容を認め、プリヴァト銀行国有化を違法とする判決を下していた。この裁判審議は2017年6月から続いていたものであった。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-