ゼレンシキー次期大統領チーム専門家、コロモイシキー氏による20億ドル回収の可能性を指摘

ゼレンシキー次期大統領チーム専門家、コロモイシキー氏による20億ドル回収の可能性を指摘

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー次期大統領チームに銀行問題専門家として参加するヴィクトリヤ・ストラホヴァ氏は、プリヴァト銀行の元所有者の「国有化された資本」と返済されていない融資を埋め合わせる案を指摘した。

ストラホヴァ氏がBihus.Infoへのインタビュー時に発言した。

同氏は、記者が、なぜコロモイシキー氏は20億ドルを補償として要求しているのかと尋ねると、「私は、そこにあった(プリヴァト)銀行の資産は、210億フリヴニャであったと考えている。これは、現在のレートでは、10億ドルより若干少ない程度である。もう一つの問題は、その際行われたベイルイン(bail-in)(金融機関が経営破綻の危機に陥った際、金融機関の内部関係者に損失を負担させる方法)であり、債権者から吸収されたのは実質290億(フリヴニャ)であった。つまり、そこからの一定額は、(回収が)あり得るであろう」と返答した。

また、同氏は、コロモイシキー氏は、プリヴァト銀行自体は必要なく、必要なのは賠償であろうとの推測を述べ、将来、同銀行を投資家により迅速に売るためには、旧所有者との間の問題を解決し、裁判全てを終わらせるべきだと発言した。

また、ストラホヴァ氏は、同銀行国営化の際、コロモイシキー氏は自身と関係のある企業への融資額は600億フリヴニャであったと認めていたことを喚起し、「彼(コロモイシキー氏)は、20億ドルを求めている。しかし、私たちは、彼が自らの企業に一定の融資をしていたこと、そしてそれらは全額が返還されているわけではないことを忘れがちである。それを埋め合わせることはできるのではないか?」と発言した。

これまでの報道では、4月18日、キーウ(キエフ)市区行政裁判所が、大富豪(オリガルヒ)のイーホル・コロモイシキー氏の中央銀行、閣僚会議等を相手とした訴状内容を認め、プリヴァト銀行の国有化を違法とする判決を下していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-