ウクライナ政府、ロシアによる制裁への対抗措置発動を決定

ウクライナ政府、ロシアによる制裁への対抗措置発動を決定

ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は、ロシア連邦がウクライナに対して新規に科した制裁への対抗措置を発動させる決定を採択した。

15日、閣僚会議会合にて決定が採択された。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フロイスマン首相は、「私たちは、現在ウクライナ国内で生産している、あるいは、代替できる製品の禁輸を発動する。残念ながら、ウクライナには、ソ連時代、(ソ連構成諸国との)非常に密接な経済的な繋がりがあったし、それは2014年のロシアによる対ウクライナ侵略開始まで続いていた。しかし、このような挑戦はウクライナを強くするであろう」と発言した。

首相は、今回ロシア製品へ課される特別関税は、侵略国によるウクライナの経済的損失を目指す行動への対抗措置だと説明した。

今回採択された閣議によると、工業・農業製品、肥料、交通機関等のカテゴリーの複数製品群のウクライナへの持込が禁止されることになる他、8月1日からロシア連邦領からウクライナ領へ入る物品に対し、特別関税が設定される。

クービウ第一副首相兼経済発展・貿易相は、「2019年8月1日から、侵略国からの入ってくる物品に対して、その他の関税とは別に、物品の価格に応じた特別関税を課す」と発言した。

同第一副首相はまた、今回、ロシア連邦の複数製品に対する対抗措置と、8月1日今回の決定について、「今回のロシア連邦領から入る製品リストに対する変更を加える閣議案は、市場関連機関が分析したものである。閣議案は、侵略国(編集注:ロシア)の差別的あるいは非友好的行為への対応として、複数の企業・連盟の呼びかけの結果として作成された」と発言した。

なお、これまでの報道では、ロシア連邦は、4月18日、ウクライナに対する制裁リストを拡大し、6月1日から特定の製品のウクライナへの持ち込みに関して個別の許可を必要とする措置を採択した。この措置の対象には、石炭、石油、石油関連製品が含まれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-