フロイスマン首相、急進党党首に対して、平均給与は過去3年で180ドルから360ドルに増えたと主張

フロイスマン首相、急進党党首に対して、平均給与は過去3年で180ドルから360ドルに増えたと主張

ウクルインフォルム
フロイスマン首相は、リャシュコ急進党党首が「政府は過去5年間、国民の面倒を見なかった」と述べたことに対し、最低賃金も平均給与も数年で大きく増えたと返答した。

15日、ヴォロディーミル・フロイスマン首相が、最高会議における金曜日恒例の「政府との質疑応答の時間」において、オレフ・リャシュコ急進党党首の発言に答える形で発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

フロイスマン首相は、「あなたは、私たちが数年間、社会水準の向上のために何もしなかったと述べたが、私は同意しない。2016年のウクライナの最低賃金は、53.5ドルであったが、現在は150ドルである。平均給与は、当時180ドルであったが、現在は360ドルである」と発言した。

フロイスマン首相はまた、社会保障の現金支払いも昨年開始したことを指摘した。

同時に首相は、国民生活の質的向上のためには、経済発展を加速化させるために、まだ多くのことをしなければならないと強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-