国鉄、ロシア行き路線の本数を削減

国鉄、ロシア行き路線の本数を削減

ウクルインフォルム
国鉄ウクルザリズニツャ社は、需要の低下からロシア連邦へ向かう鉄道の本数を削減している。

5日、同社広報室が発表した。

発表には、「ウクルザリズニツャ社は、鉄道のロシア連邦へ向かう頻度を低減させている。2019年2月5日から、第24/23『オデーサ~モスクワ~オデーサ』便、ならびに、第20/19『ハルキウ~モスクワ~ハルキウ』便は、毎日運行から隔日運行となる」と書かれている。

同社は、ロシア行き鉄道の本数削減の理由として、ウクライナ・ロシア間の鉄道利用者数が急減していることを指摘した。具体的には、2018年のロシアへの鉄道利用者数は77万2900名であり、これは2017年と比べて約20%少ないとのこと。

同社はまた、統計データによれば、2018年の夏季の終わり以降、欧州連合(EU)行き鉄道利用者が急増しており、同年8月から年末にかけて、EUへの鉄道利用者数はロシアへの利用者より10%多く、具体的には、同期のEUへの鉄道利用者数は36万2900名、ロシアへの利用者数は32万9400名であったと伝えた。これを受け、ウクルザリズニツャ社は、今後も欧州方面への利用客が増加すると見込んでいると説明した。

なお、昨年にはロシア行きの複数路線(イヴァノ=フランキウシク発、チェルニウツィ発、クレメンチューク発、チェルニヒウ発)が廃止されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-