ウクライナの輸出先の42%はEU加盟国:ポロシェンコ大統領

ウクライナの輸出先の42%はEU加盟国:ポロシェンコ大統領

68
ウクルインフォルム
ウクライナの輸出の42%以上が欧州連合(EU)加盟国に向かっている。

10日、ポロシェンコ大統領が北西部リウネ州ズドルブニウ市民との対話の際に述べた。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「欧州統合路線により、ウクライナは、深化した包括的自由貿易圏を適用し始めることができた。これにより、ウクライナの輸出の42%以上がEU加盟国に向かっている。ロシアが2013年にウクライナの生産物に対して輸入制限を始めたことに対して、これは素晴らしい返答である」と述べた。

また、大統領は、ロシアのウクライナ製品に対する輸入制限は経済的なダメージを与えることを目的にしていたのだとし、「ロシアは、ウクライナを経済的に苦しめ、ウクライナ東部をはじめとする何百万人のウクライナ人を失業させるために(輸入制限を)行ったのである。この影響を受けたのは、何よりもまず、ロシア語話者のウクライナ人であった。そして、適切な時期に効果的に欧州市場に輸出先を方向転換をしたことにより、ウクライナ経済は全く新しい可能性を得ることになったのである」と発言した。

そして、大統領は、近い将来ウクライナのEU圏への輸出が全体の50%に達することを期待すると述べた。

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-