イタリア企業、制裁に反して被占領下クリミアとのビジネスを継続

イタリア企業、制裁に反して被占領下クリミアとのビジネスを継続

ウクルインフォルム
イタリア企業Bertolaso社は、被占領下クリミアにある農業関連工場「ゾロタヤ・バルカ」に機材を販売した。

21日、ラジオ・リバティー通信のプロジェクト「真実のクリミア」は、制裁に反する形でクリミアとビジネスを続けている企業は他にも複数あると見られると伝えた。

Bertolaso社の販売部門代表のルカ・カラッソ氏は、同社は2か月前にセヴァストーポリ市のゾロタヤ・バルカ社にビンの洗浄等に使う機器を納入したと発言した。カラッソ氏によれば、同社は、ゾロタヤ・バルカ社との間で契約に署名しているとのこと。

カラッソ氏は、「契約書は、ロシアの農業系企業『ゾロタヤ・バルカ』社と署名しました。相手はロシア企業ですが、私たちは当社の商品がクリミア半島で使われることを知っていました」と説明した。また、契約書は最初、被占領下クリミアのゾロタヤ・バルカ社の事務所と署名することになっていたが、最終的にはロシア所在の企業の所有者との間での署名となったと言う。

「全て『合法』です。疑わしいところは何もないと思っています。私たちは、機材を色々なクライアントに売っており、それがどこに設置されるかは、私たちは関心がありません。クリミアは大きな成長潜在力があり、私たちはクリミア半島をビジネスを行う上での魅力的な地域だとみなしています。もしあなたが、制裁だとか、モラルだとかの話をするなら、この会話はここで終わろうと思います」と発言した。

これに関し、駐ローマ・ウクライナ大使館は、併合されたクリミアへの機材の納入は欧州の法律に違反する行為であるとし、ウクライナは欧州各国とともに、本件に対応していくと伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-