ポロシェンコ大統領、ラガルドIMF専務理事と電話会談を実施

ポロシェンコ大統領、ラガルドIMF専務理事と電話会談を実施

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、ラガルド国際通貨基金(IMF)専務理事と電話会談を行った。

29日、大統領府広報室が発表した。

発表によれば、大統領は、2019年度ウクライナ国家予算の採択と基本項目を伝えたとのこと。

そして、ラガルド専務理事が、IMFの暫定評価では、同予算の主要項目はIMFと合意したパラメーターと合致していると指摘したとある。

また、両者は、12月にスタンドバイ・クレジット・プログラムの審議を行うIMF理事会会合が開かれることに関連し、今後必要となる行動について協議したとのこと。

IMF側からは、金融政策・税金運用の改革への技術的支援を与える用意があることが確認されたとある。

また、戒厳令が発令されたことに関しては、戒厳令がIMFとの協力に影響を与えないことが強調された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-