レーニン像も売却。小規模民営化により歳入4億1200万フリヴニャ増加:経済発展貿易省

レーニン像も売却。小規模民営化により歳入4億1200万フリヴニャ増加:経済発展貿易省

ウクルインフォルム
電子システム「ProZorro売却」を通じた小規模民営化オークションにより、国家歳入が約4億1200万フリヴニャ増加した。

15日、経済発展貿易省が自らのフェイスブック・アカウントにて発表した。

発表には、「これまでに、小規模民営化の国家オークションの結果、約4億1200万フリヴニャが歳入に加った。これまでに307件の売却が実現している」とある。

経済省は、これまでで最も高額の落札となったのは、リヴィウ研究用工場「フヴィーリャ(波)」であり、スタート時の価格から1300万フリヴニャから4700万高い、6000万フリヴニャで落札されたと指摘した。また、国営フメリニツィキー鉄筋コンクリート工場は、41万5000フリヴニャでオークションが開始されたが、終了時には900万フリヴニャで落札されたと報告された。

そして、経済省の発表には、レーニン像も買い手が見つかったとし、「レーニンすら透明なオークションで去って行ったのである!この入札には14名が参加。初期価格は4万5000フリヴニャだったが、落札時には22万フリヴニャまで上がった」と伝えた。

小規模民営化は、今年3月に発効したウクライナ国内法「国営・公共資産民営化」にのっとり、電子システム「ProZorro売却」を通じて実施されている。小規模とは、国営・公共企業のうち、資産価格が2億5000万フリヴニャ未満のものを指す。小規模民営化の売却を行う主体は、ウクライナ国家資産基金と地方自治体である。

10月末には、チェルニヒウ州セメニウ市議会が、この「ProZorro売却」を通じて、2.5トンのレーニンの銅像をオークションにかけていた。

動画:経済発展貿易省、Facebook


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-