JCB、ウクライナ市場への進出に関心:中央銀行

JCB、ウクライナ市場への進出に関心:中央銀行

ウクルインフォルム
世界の5大クレジットカード会社である日本の株式会社ジェーシービー(JCB)は、ウクライナ市場への進出に関心を抱いており、近くウクライナの中央銀行に関連文書を提出する予定である。

5日、中央銀行広報室が、フェイスブック・アカウントにおいて、ヤコウ・スモーリー中央銀行総裁、カテリーナ・ロジュコヴァ第一副総裁、セルヒー・ホーロド副総裁とJCB International Eurasia LLCの末次崇社長の会談の結果を発表した。

発表には、世界における5大支払いシステムの一社であるJCBがウクライナ市場への進出に関心を抱いていることが説明され、末次社長がJCBのウクライナ市場進出の関心と、近く関連文書を規制担当に提出する意向があることを示したことが説明されている。

これに対して、スモーリー中央銀行総裁は、JCBによるウクライナ進出の意向を歓迎し、中央銀行はクレジットカード市場の競争に基づく環境、参加者全てに適用される唯一の規制ルールを支持していることを伝えたと発言した。

なお、JCBのデータによれば、2017年末時点で、JCBのカード所有者は、1億1700万人であり、年間取引総額は2810億ドルであるとのこと。現在、JCBクレジットカードは、190か国で利用されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-