EU、ウクライナの欧州統合路線記載の憲法改正の動きにコメント

EU、ウクライナの欧州統合路線記載の憲法改正の動きにコメント

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、憲法に不可逆的な欧州統合・欧州大西洋統合路線を記載するウクライナの権利を尊重するが、一方で、ウクライナ・EU連合協定が定める改革を継続しなければならないことを指摘した。

EU報道官がウクルインフォルムの記者に対してコメントした。

EU報道官は、「憲法を改正すること、自国の戦略的目的を定めることは、各国の主権的権利である」と述べた。

同時に、EUは、ウクライナ・EU連合協定は改革進展とウクライナの欧州間の(制度)接近を通じて、ウクライナとEUの経済統合を進め、政治連合を深めていくことを定めるものであり、7月9日に開催されたウクライナ・EU首脳会談でもそのことは確認されていると喚起し、「そのため、私たちは、深化した包括的自由貿易圏を含むEU・ウクライナ連合協定の可能性を完全に活かすために、同協定を履行することに完全に力を注いでいる」と述べた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-