中央銀行、政策金利を18%に上げる決定

中央銀行、政策金利を18%に上げる決定

ウクルインフォルム
6日、中央銀行理事会は、インフレ低下に関して肯定的予測が出ていたが、政策金利を18%まで上げる決定を下した。

ヤキウ・スモーリー中銀総裁が説明した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

スモーリー中銀総裁は、「私たちは、政策金利を上げる決定をした。その理由は、外的リスクが著しく強まったからであり、これにより、インフレ率の低下が損なわれる可能性があるからである。ウクライナの通貨に対する圧力が強まり、そのせいで資本が流出するおそれがある。さらに、広範囲に貿易上の対立が激化することで、世界の商品市場の諸条件が悪化するリスクが増している」と述べた。

同時に、スモーリー総裁は、ウクライナのインフレ低下は肯定的な予測が出ていると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-