米国がウクライナ提供する防空システム「ナサムス」は8基=米国防省

米国がウクライナ提供する防空システム「ナサムス」は8基=米国防省

ウクルインフォルム
米国国防省は10月31日、同国はウクライナに対して防空システム「ナサムス(NASAMS)」を8基提供すると発表した。その内2基は近日中に到着するという。

国防省幹部が記者団とのやりとりの際に発言した。国防省が公表した

同人物は、「米国はすでに(ウクライナに)短距離防空システムである1400個のスティンガーを提供しており、私たちの同盟国やパートナー国も同様に短距離防空システムをかなりの数提供している。米国はまた、8基のナサムスと関連弾薬を提供することを約束しており、その内2つは近日中にウクライナに到着し、残り6基は後に提供される。私たちはまた、『ヴァンパイア』システムやその他レーダーシステムなどの無人機対策システム一式を提供することを約束している。なぜなら、私たちは、無人機の脅威もまた現在深刻となっているからだ」と発言した。

同氏はまた、米国はウクライナにスロバキアの防空システムS-300を戦争初期に提供する支援を行ったと述べ、「それは、ウクライナのインフラを当時防衛するために極めて重要だった」と指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-