ショルツ独首相、ドイツがウクライナに戦車と軍用機を提供しない理由を説明

ショルツ独首相、ドイツがウクライナに戦車と軍用機を提供しない理由を説明

ウクルインフォルム
ドイツ連邦共和国のショルツ首相は、ドイツ政府の対ウクライナ武器供与は他の同盟国と調整しながら行っていると説明した。

ショルツ首相がフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙へのインタビュー時に発言した

ショルツ氏は、「ドイツは数か月にわたりウクライナに重火器を提供している。例えば、自走対空砲『ゲパルド』、多連装ロケットシステム『パンツァーハウビッツェ2000』だ。(中略)私は、首相として、そのような提供を不可能にしてきた長年の伝統を破ったのだ」と発言した。

同氏はまた、ドイツ政府のウクライナに対する戦車や軍用機の提供拒否は、同盟国との調整された行動を伴うものだと述べ、またドイツは一定の(提供)兵器リストに従って提供していると発言した。

同氏は、「私たちは、必要かつ正しいことを行っている。しかし、一定の『作業分担』には意味がある。ドイツは、対空防衛と火砲にアクセントを置くことができる」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

トピック

ウクルインフォルム

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-