米国防省、8億2000万ドル相当の新しい対ウクライナ防衛支援を発表

米国防省、8億2000万ドル相当の新しい対ウクライナ防衛支援を発表

ウクルインフォルム
米国防省は1日、ウクライナに対する総額8億2000万ドルの新たな安全保障・防衛分野の支援パッケージを発表した。

米国防省広報室が公表した

発表には、「本日午後、米国防省は、ウクライナのための追加安全保障支援を発表した」と書かれている。その際、5000万ドルが大統領権限(Presidential Drawdown)によるもので、7億7000万ドルがウクライナ安全保障支援イニシアティブ(USAI)基金からのものだと説明されている。

国防省は、大統領権限と異なり、USAIは米国防省の在庫から武器を引き出して提供するのではなく、むしろ製造者から新しい装備を購入することを目的としていると指摘している。

今回の支援パッケージでウクライナに提供されるのは以下のものとなる。

・中高度防空システムNASAMS 2機

・高機動ロケットシステム「ハイマース」用追加砲弾

・155ミリ口径榴弾砲用砲弾 約15万弾

・対砲兵レーダー 4機


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2022 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-