米ウクライナ軍人、キーウ上空を特殊作戦機で飛行

米ウクライナ軍人、キーウ上空を特殊作戦機で飛行

写真・動画
ウクルインフォルム
米国とウクライナの特殊部隊軍人が、共同演習終了を記念して、キーウ(キエフ)上空を米特殊作戦機MC-130Jにて飛行した。

31日、在ウクライナ米大使館がツイッター・アカウントで報告した

米大使館は、「米国の特殊作戦部隊は、ウクライナの同僚とともに、1か月間共同演習を行ってきた。そのミッションの終了を記念して、米欧州特殊作戦司令部は、ウクライナのパートナーを連れて、キーウ上空をMC-130J『コマンドーII』2機で飛行した。米国とウクライナのチームがどのように一緒に活動しているかを見て欲しい」と書き込んだ。

大使館はまた、飛行ルートは、ドニプロ川上空、民族友好アーチ、キーウ・ペチェルシク第修道院、第二次世界大戦博物館、祖国の母記念碑を回ったと伝えた。

なお、8月初頭、米国特殊作戦軍第352航空団の軍人が、MC-130J 2機で共同演習のためにウクライナに到着していた。ウクライナ側は、ヴィンニツャ州の第456輸送航空旅団が受け入れていた。ウクライナ空軍司令部は、演習の基本目的はパートナー国部隊間の互換性レベルを高めることにあると説明していた。

写真:在ウクライナ米大使館(ツイッター)


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-