ゼレンシキー大統領、東部アウジーウカで戦死した軍人を追悼

ゼレンシキー大統領、東部アウジーウカで戦死した軍人を追悼

写真
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は30日、ウクライナ東部ドネツィク州を訪問し、アウジーウカ防衛戦で亡くなった統一部隊作戦・反テロ作戦参加軍人の慰霊碑に献花を行なった。

大統領府広報室が伝えた

ゼレンシキー大統領は、「ウクライナの英雄を尊厳を持って追悼することは私たちの義務だ。私は、戦争開始から7年たった今、この場所にそのためのシンボルとなる、アウジーウカをめぐる戦いで亡くなったウクライナ軍軍人と志願兵の追悼碑が作られたことを嬉しく思う。これはイベントやニュースではない。これはノルマなのだ。こうでなければならない。ウクライナの戦士たちが守ろうとした一つ一つの町、一つ一つの村で、同様であるべきだ。彼らは、最も大切なもの、命を捧げたのだ」と発言した。

発表には、アウジーウカ産業地区では、ウクライナを巡っての1000日以上もの激しい戦いが行われたと喚起されており、特に2017年1月29日から2月3日にかけて、第72独立機械化旅団の参加した戦闘が最も激しく、その際親露武装集団を撤退させることに成功したと書かれている。その戦闘では、アンドリー・キジロ大尉が亡くなったという。

同地の慰霊碑は、その後設置されたものであり、2021年になって、同碑は再建されたのだと説明されている。

なお、30日、ゼレンシキー大統領は、ドネツィク州を実務訪問している。同日には、同州にて国家安全保障・国防会議(NSDC)会合の開催が予定されている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-