統一部隊、露占領軍による民家への砲撃の被害を公開

統一部隊、露占領軍による民家への砲撃の被害を公開

写真
ウクルインフォルム
ウクライナ統一部隊は26日、ウクライナ東部にてロシア占領軍がピクジーからヴォージャネに向けて行なった砲撃の重要インフラと民家への被害を発表した。

26日、統一部隊が共同管理調整センター(JCCC)ウクライナ側の情報をもとにフェイスブック・アカウントにて発表した

発表には、「4月24日夜21時ごろ、侵略国傭兵たちは、ヴォルノヴァハ地区ヴォージャネをミンスク諸合意にて禁止されている兵器を使用して砲撃した。砲撃は、アゾフ海沿岸ピクジーの占領者配置地点から行われた。その際、120ミリ口径迫撃砲12弾、82ミリ口径迫撃砲4弾、無反動砲12弾が発射され、結果、重要インフラ施設と民家が破損した」と書かれている。

統一部隊は、幸いなことに民間人の犠牲者は出ていないと伝えた。また、JCCCウクライナ側が砲撃の検証を行なったとあり、破裂跡、砲弾の破片、民家の損壊を確認したと書かれている。JCCCは、これら確認したものは、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)に口上書の形で送っていることを喚起した。

また、発表には、このような占領者の行為は、地元住民の生命・健康に対して直接的脅威をもたらし、コンタクト・ライン沿いの情勢を不安定化するものだと書かれている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-