ウクライナ東部で全面的軍事行動が始まる可能性は最小限=レズニコウ副首相

ウクライナ東部で全面的軍事行動が始まる可能性は最小限=レズニコウ副首相

ウクルインフォルム
ドネツィク・ルハンシク両州被占領地にて広範かつ大規模な軍事行動が開始される可能性は「最小限」である。ロシアは、世界の注意を集めるために想像上の緊張を生み出している。

5日、オレクシー・レズニコウ副首相兼一次的被占領地再統合問題相がICTV局出演時、ウクライナ東部にて近々広範かつ大規模軍事行動が始まる可能性をどのように評価するかとの質問に答える形で発言した。

レズニコウ副首相は、「私は、その可能性は最小限だと評価している。私は、それはハイブリッド戦争の要素、具体的には情報戦争の要素であり、現在ロシア連邦は、自らへと注意を向けることを目的とした想像上の緊張を創出し、そのような手段で世界のプレイヤーを協議へと向かわせようとしているのだと思っている」と発言した。

同時に同氏は、欧州コミュニティと米国は「ロシア連邦は仲介者などでは全くなく、侵略国であり、ドネツィク・ルハンシク両州被占領内にて起きたことに責任を負う国として、三者コンタクト・グループの参加国となっていることを知っている」との立場を明確にしていると強調した。

同時に同氏は、どのような武力の誇示も、しばしば実際の行使へと繋がることがあるため、どのような挑発の可能性も排除はできないと指摘した。

加えて同氏は、米国欧州軍の戦闘準備が最高水準に上げられていることにコメントする形で、外国パートナーたちはロシアに対して、「ウクライナはこの戦争で放置されることはない」ことをロシアに示していると発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-