ゼレンシキー大統領、ドンバスの衝突ライン近くを視察

ゼレンシキー大統領、ドンバスの衝突ライン近くを視察

写真
ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は11日、ウクライナ東部の統一部隊作戦圏の前線地域を訪れ、軍人たちと対話を行った。

大統領府広報室が伝えた

発表には、「ドネツィク州実務訪問の際、ゼレンシキー大統領は、統一部隊作戦圏の前線を訪れた」とあり、大統領が衝突ラインから数百メートル地点の作戦状況を視察し、軍人と対話を行ったと書かれている。

ゼレンシキー大統領はその際、「重要なことは、上級将校が前線にいることだ。私たちは、ルスラン・ホムチャーク・ウクライナ軍総司令官と、上級将校の交代が行われるよう話をした。彼らが前線のウクライナ兵のもとを恒常的に訪れるようにするためだ」と発言した。

第503独立海兵大隊の軍人たちは、大統領に対して、記念にコインをプレゼントしたとのこと。発表には、「自分たちはいつでも支援に駆けつける準備があり、いつでも会えることを嬉しく思う、友人だと思っている」という意味だと説明されている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-