NATOは黒海地域でウクライナとジョージアとの協力を強化する=事務総長

NATOは黒海地域でウクライナとジョージアとの協力を強化する=事務総長

ウクルインフォルム
北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、12月2日に黒海地域におけるパートナー国との協力の方針について協議を行う予定である。同会合には、ウクライナとジョージアの外相も参加する。

イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ストルテンベルグ氏は、「黒海地域は、NATOと全ての同盟国にとって戦略的な重要性を持つ。NATO内の同盟国3国、トルコ、ブルガリア、ルーマニアは、(黒海)沿岸国である。私たちは、私たちの高く評価しているパートナー国、ジョージアとウクライナとも緊密な作業をしていく。NATOは、黒海地域において本質的なプレゼンスを維持し、ウクライナとジョージアと密に作業をしていく」と発言した。

同氏はまた、ロシアは、ウクライナとジョージアの領土一体性と主権を侵害し続けていると述べ、例として、占領下クリミアの活発な軍事化を挙げた。その上で、同氏は、NATOはこのようなロシアの振る舞いに対して、共同の努力にて黒海地域全体の安全強化を促進すべく、ウクライナとジョージアへの政治的かつ実践的なサポートを増やしていくことで対応していると説明した。

同氏は、「これらの問題をどのように共同で解決していくかについては、私たちは水曜日(12月2日)、この2国の外相と会う際に話すことになる」と発言した。

なお、NATOの最高意思決定機関「北大西洋理事会」(NAC)の外相級会合は、12月1、2日にオンライン会議の形で実施される予定となっている。

写真:NATO


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-