ゼレンシキー大統領、防衛調達法に署名

ゼレンシキー大統領、防衛調達法に署名

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は、最高会議(国会)が7月17日に採択した防衛調達報に署名した。

12日、大統領府広報室が伝えた

同法は、防衛・安全保障関連品・業務・サービスの調達の個数・特別性の計画・手続きの一般的法基盤を定めるものとなっている。

また同法により、国家側と民間側からの防衛調達分野のコントロールを実施する際の手続きも定められている。

この法の採択の目的は、国益保護の方策を遵守しつつ、防衛調達を効果的かつ透明に実施することにより、安全保障・国防分野の各種需要を満たすための法的基盤を定めることにある。同法により、防衛調達分野の具体的環境の創出や、汚職防止、競争の促進、効果的かつ透明な計画の保障などが定められる。

また、同法は、欧州連合(EU)との連合協定に従う形で、EU指令2009/81の内容と防衛調達分野のウクライナの国内法を調和させることも目的としている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-