ゼレンシキー大統領、ドンバス停戦につき「私は何も保証できない」

ゼレンシキー大統領、ドンバス停戦につき「私は何も保証できない」

写真・動画
ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は6日、ウクライナ東部ドンバス地方を訪れた際、停戦体制の維持はウクライナのみにかかっているのではないと指摘した。

ゼレンシキー大統領がドネツィク州チャーシウ・ヤル市視察時の記者団とのやり取りの際に発言した。大統領府がやり取りの様子をフェイスブック・アカウントで中継した

ゼレンシキー大統領は、「人生ではあらゆることがあり得る。私たちは、その(停戦)体制が違反されないように闘っている。しかし、すべてはあり得るのだ。それが人生であり、あなた方皆それをわかっているだろう。それがもし、私たち側にのみかかっているのであれば、今頃停戦は原則的に守られ、私たちは次のステップに進み、戦争終結の次の段階に進めていたであろうことを、私は確信している」と強調した。

大統領は、停戦違反は複雑であるとし、なぜなら多くの問題があるからだと述べつつ、「私たちは、毎日私たちの軍人を失うことのないよう、その停戦体制を維持したい。私たちにとって、それが非常に重要なのだ」と強調した。

大統領は、ウクライナ側は戦争終結のためにあらゆる可能なことを行っているが、しかし自身は何も保証することはできないと発言した。

写真:大統領府広報室

その上で、大統領は、「ミンスク・フォーマットの会合、三者コンタクト・グループのビデオ会議形式の会合にて、私たちは、踏ん張っている」と発言した。

これに先立ち、7月27日0時から、ドンバス地方では、完全かつ包括的な停戦合意が発効している。しかし、停戦発効移行も、ウクライナ統一部隊により、毎日ロシア占領軍側からの停戦違反が報告されている他、OSCEウクライナ特別監視団(SMM)も停戦合意発効後最初の5日間で225件の停戦違反を確認したと報告している


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-