スーミ市にて、戦死したコロステリョウ大佐の告別式が開催

スーミ市にて、戦死したコロステリョウ大佐の告別式が開催

写真
ウクルインフォルム
20日、北部スーミ市にて、東部の戦闘で死亡した第128山岳襲撃旅団指揮官のイェウヘン・コロステリョウ大佐の告別式が開催された。

ウクルインフォルムの記者が現場から伝えた。

告別式には、数百名の市民が集まった。

告別式は、コロステリョウ大佐の自宅付近で開催。同氏の部下は、「イェウヘンは、自分のしていることのために命を投げ出すような戦士であった。彼が占領者の目標物を砲弾で破壊したことが何度あったことか。彼とともにならどこへ行っても怖くない、そんな真の指揮官だった」と発言した。

告別式の後、聖復活聖堂にて、典礼が行われ、その後遺体は、戦死者が葬られる市営中央墓地の英雄通りへと移動した。

イェウヘン・コロステリョウ氏は、スーミ市の砲兵学校を卒業。ウクライナ東部の戦闘開始投書から、同氏は、反テロ作戦圏へ赴いた。過去5年間半、彼はほぼ常に前線にいたという。

2015年、同氏には、勇敢さ、高い専門性、国家主権・領土一体性防衛、忠誠心が称えられ、第3ボフダン・フメリニツィキー勲章が授与された。

同氏は、第128独立山岳襲撃旅団の指揮官には、本年9月に任命された。それまでは、第25空挺旅団に所属し、副指揮官を担っていた。

11月12日、同氏は、統一部隊作戦圏での課題遂行中、砲弾着弾時の破片を無数に受ける。航空機で緊急にハルキウ市へ避難させられるも、医師の努力むなしく、命は助からなかった。同氏には、妻、娘、息子がいた。享年38歳であった。

写真:UA:スーミ、スーミ・トゥデイ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-