スタニツャ・ルハンシカにて前線防衛施設の解体が継続

スタニツャ・ルハンシカにて前線防衛施設の解体が継続

ウクルインフォルム
東部ルハンシク州スタニツャ・ルハンシカでは、橋の修理に向けた準備作業が続いている。

28日、ルハンシク軍事・市民州行政府広報室が伝えた

発表では、「防衛施設解体現場には、JCCC代表の同行で、クレーン、トラック、国家非常事態庁技術班11名、同庁消火隊4名が到着。その他、森林管理局から4名、車道局から7名、フォークリフト1台も到着した」と伝えられた。

また、現場には、JCCCの他、欧州安全保障協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)要員も滞在した上で、防衛施設の解体が行われたとのこと。

これまでの報道では、ウクライナ・ロシア・OSCEからなる三者コンタクト・グループ(TCG)は、7月17日、武装集団代表者の参加を得た上で、ミンスクで会合を行い、その際、スタニツャ・ルハンシカの橋の修理を行うことで相互理解に至っていた。この際の合意によれば、関係者は、同時に修理を行うことになっている。

7月31日、TCGは、スタニツャ・ルハンシカ橋周辺の地雷除去作業を8月1日に開始することで合意していた。

写真:ルハンシク州行政府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-