OSCEの監視用無人機、被占領地でまたも喪失

OSCEの監視用無人機、被占領地でまたも喪失

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)は、ルハンシク州の被占領下オボズネ近郊にて、銃撃を受けた短距離無人機(ミニUAV)を喪失した。

14日に発表されたSMM日報(13日夜までに確認された内容)に記載されている

日報には、「SMMがオボズネ(非政府管理地域、ルハンシクから北18キロ)北方近郊にて短距離無人機を飛ばしているとき、SMM要員は北に約3キロ離れた地点での銃の連射音を3回聞いた。要員の評価では、発砲は要員のいた場所から北へ約3キロの地点を飛行していた無人機に向けて撃たれたものである。SMMチームは、無人機のコントロールを失い、帰還させることができなかった」と書かれている。

また、同日報には、別の無人機に対する攻撃も2件報告されている。

一つ目については、「SMM要員は、フヌートヴェ(政府管理地域、マリウポリから北東20キロ)から北2キロ地点に滞在して、SMM短距離無人機を飛行させている際、約3.4キロ東での少なくとも12回の連射音と数えられない数の銃の射撃音を聞いた。SMMの評価では、SMM滞在地点から東に約3.4キロ地点を飛行していた無人機に対して撃たれたものである(ウクライナ軍配置地点と武装集団配置地点の間)。SMMチームは、無事に無人機を着陸させ、その場を去った」と書かれている。

もう一つの事件は、タラキウカ(政府管理地域、マリウポリから北東17キロ)の東方近郊にて発生したとのこと。日報には、「SMMは、短距離無人機を飛ばしている際、東へ約2キロ地点での7回の連射と多くの銃の射撃音を聞いた。評価では、これらは、SMM滞在地点から東に約2キロを飛行していた無人機に対して撃たれたもの。SMMチームは無事に無人機を着陸させ、その場を去った」と書かれている。

さらに、SMMの無人機は、被占領下ドネツィク市近郊で無人機を飛行させていた際に、シグナル妨害を2回受けたとも書かれている(SMMの評価では、ジャミングを受けた可能性があるとのこと)。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-