OSCE監視団、8月7日、ドネツィク州で70回、ルハンシク州で26回の爆発を確認

OSCE監視団、8月7日、ドネツィク州で70回、ルハンシク州で26回の爆発を確認

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)は、8月7日のウクライナ東部での爆発件数をドネツィク州で70回、ルハンシク州で26回確認したと報告した。

8日発表のSMM日報(7日午後7時30分時点までの確認分)に記載されている。

日報には、ドネツィク州での停戦違反件数は前回報告期間よりも減少したが、爆発は前回より多かった(前回60回→今回70回)と書かれている。

同州で確認された停戦違反の半数以上が、アウジーウカ(政府管理地域、ドネツィク市から北17キロ)から北北東にて確認されたとのこと。同時に、SMMは、これらの違反の全てが、安全圏内での射撃訓練時の発砲によるものであるとし、これらもまた2016年3月3日に三者コンタクト・グループ(編集注:ウクライナ・ロシア・OSCEから構成)の決定「安全圏内の銃撃訓練の禁止」への違反であると指摘した。

SMMは、ルハンシク州に関しては、停戦違反件数全体は前回より増加、爆発件数は前回0回であったのに対して、今回は26回確認されたと伝えた。

停戦違反の3分の2は、オボズネ(非政府管理地域、ルハンシク市から北18キロ)から北北東地域で確認されたとのこと。

なお、SMM日報には、停戦違反件数の総数は書かれていない。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-