東部マルインカにて民間住宅に砲弾着弾、民間人4名負傷

東部マルインカにて民間住宅に砲弾着弾、民間人4名負傷

ウクルインフォルム
東部ドネツィク州マルインカにて、ロシア占領軍の砲弾が民間住宅に着弾し、9歳の児童を含む市民4名が負傷した。

6月14日、ドネツィク州警察マルインカ課が伝えた。

発表には、「マルインカへの砲撃の結果、市民4名が負傷。内、1名は9歳の児童である。迫撃砲による砲撃は、本日午前5時ごろに始まった。現在、家屋3軒と民間施設の被害を記録している。負傷したのは、シェウチェンコ通りに暮らす一家全員である」と書かれている。

現在、捜査班と警察支部幹部が現場に到着し、被害状況を記録しているとのこと。

負傷した86歳男性、57歳女性、30歳女性、9歳児童は病院に運ばれており、特に86歳の男性の怪我が最も深刻だと伝えられた。

今回の砲撃に対して、「テロ行為」(刑法典第258条)による刑事捜査が開始されたことが発表された。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-