ウクライナとトルコの艦船、黒海で共同演習実施

ウクライナとトルコの艦船、黒海で共同演習実施

ウクルインフォルム
黒海の北側海上にて、ウクライナ海軍とトルコ海軍の艦船が共同演習を行った。

6日、国防省が発表した。

発表によれば、演習に参加したのは、ウクライナ海軍の巡視船「ヴィシュホロド」とトルコ海軍のフリゲート「バルバロス」とミサイル艇「マルトゥ」により行われたとのこと。

同発表には、「トルコ艦隊の例年の海上演習『Mavi Vatan(青い祖国)』の一環で、両国艦船の共同演習が実施された。共同演習中、ウクライナとトルコの艦船は、編隊や命令上の戦術作戦課題の遂行、対空防衛訓練、北大西洋条約機構(NATO)基準にのっとった通信訓練を行った。黒海地域の安定と安全を強化する目的で行われた今回の訓練は、両国艦隊の協力深化、連携レベルの向上における前進となった」と書かれている。

オレクシー・ネイジュパパ・ウクライナ海軍第一副司令官(少将)は、ウクライナ海軍の今回の共同演習への参加はNATO加盟国艦隊とウクライナ艦隊の体系的協力が進んでいることの証拠であると指摘し、同時に、今回の演習は今年に入ってウクライナが参加する黒海での合同海軍演習の一回目であったと指摘した。

なお、今回オデーサへのトルコ海軍のフリゲート「バルバロス」とミサイル艇「マルトゥ」の寄港に際して、トルコ海軍軍人がオデーサの史跡等の視察を行っている他、市民はトルコのこれら艦船への体験乗船が可能となっている。トルコ艦船のオデーサ寄港は3月8日まで。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-