米国、被占領下クリミア周辺を偵察飛行

米国、被占領下クリミア周辺を偵察飛行

ウクルインフォルム
23日、午前9時(キーウ(キエフ)時間)頃から、アメリカ空軍の偵察機RC-135Vがロシアに占領されているクリミアの沿岸付近の監視飛行を開始した。

同日、ウクライナ軍事ポータルが伝えた。

発表には、「アメリカ空軍は、ロシアに占領されているクリミアと同国のとロシアのノヴォロシーシカ周辺黒海沿岸の監視のために偵察機RC135Vを発進させた」と書かれている。

同ポータルよると、REMIT41と呼ばれる偵察機は、ギリシャのクレタ島にあるソウダ・ベイ基地に配備されているものであるとのこと。

PlaneRadarが公開した1月23日のRC135Vの飛行ルート
PlaneRadarが公開した1月23日のRC135Vの飛行ルート

なお、同ポータルは、黒海には、今週からアメリカ海軍のミサイル駆逐艦「ドナルド・クック(DDG-75)」が入っており、ジョージアのバトゥミ港に停泊していると伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-