ウクライナ東部への国連・OSCE共同ミッション展開に関する非公式文書の存在が判明

ウクライナ東部への国連・OSCE共同ミッション展開に関する非公式文書の存在が判明

ウクルインフォルム
欧州安全保障協力機構(OSCE)にて、ウクライナ東部への国連とOSCEの共同ミッションの展開の可能性に関する非公式文書が作成されていたことが判明した。この文書によると、ミッションは軍事部隊、警察部隊、国際統治から構成されることが想定されている。

ウクルインフォルムの記者に情報筋が伝えた。

同人物は、「ドンバス地方への平和ミッション展開に関するOSCE・国連間のあり得る協力フォーマットに関する内容を記述した文書なるものが存在する。しかしながら、公式にはこの文書はどこにも配布されておらず、登録もされておらず、作業文書でもない」と発言した。

また、同人物は、この文書には、ミッションが軍事部隊、警察部隊、国際統治の3つの要素から構成されるという詳細な提案が記述されているとのこと。

この文書の作成に関わった人物の一人は、駐ウクライナOSCE特別代表であり、三者コンタクト・グループ(TCG)OSCE代表であるマーティン・サイディック氏であり、この非公式文書は、TCGでも議論されることが予定されていたことが指摘された。

なお、1月16日、クリムキン外相は、ルハンシク州シェヴェロドネツィク市にて、記者に対して、ミンスク等で作業するOSCE要員が国連とOSCEの共同平和ミッションを創設するという案を提示したと述べていた。その際、同外相も、このミッションが軍事、警察、国際統治の3要素からなることが想定されていると発言した。

また、1月10日には、OSCEの現議長である、ミロスラフ・ライチャーク・スロバキア外相が、ウィーンでの記者会見において、国連平和ミッションのドンバス地方への展開が決定されるのであれば、OSCEは自らの現場での経験を用いる準備があると述べていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-