ロシア占領軍、OSCE特別監視団の移動を複数地点で制限:統一部隊作戦

ロシア占領軍、OSCE特別監視団の移動を複数地点で制限:統一部隊作戦

ウクルインフォルム
ロシア占領軍とその傭兵は、ウクライナ東部ドンバス地方において、欧州安全保障協力機構(OSCE)ウクライナ特別監視団(SMM)のパトロールを3地点で妨害している。

28日、統一部隊作戦本部広報室が、SMMの報告書をもとに発表した。

発表には、「12月27日付OSCE・SMM日報には、SMMの移動の自由の制限、アクセスの禁止、課題実行の種々妨害が記録されている。例えば、12月25日、ロシア連邦武装集団武装戦闘員は、ルハンシク市西方(60km)ユージュナ・ロムヴァトカ(Yuzhna-Lomuvatka)町付近の検問地点で、パトロールを行うSMM要員の通行を再び拒否した」と書かれている。

また、SMMは、ドネツィク州の非政府コントロール地域の火砲撤収先へのアクセスも拒否されたとある。また、イズヴァリネ(Izvaryne)付近の国境検問地点では、ロシア占領軍の傭兵が、SMMに対して現場を立ち去るように命令したと書かれている。

更に、12月26日には、ドネツィク市南方(51km)のスタロラスパ(Starolaspa)付近の検問地点では、2名の武装戦闘員がSMMの民間居住区へのアクセスを許可せず、「SMMの安全に危険をもたらす」可能性があると説明したという。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-