大統領、戒厳令下の情勢について説明

大統領、戒厳令下の情勢について説明

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、国内10州で発動された戒厳令の際に行った作業について説明した。

26日、大統領が国家安全保障国防会議(NSDC)会合の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「ウクライナ軍、その他の防衛・治安部門部隊の防衛能力は、現在全く異なる次元にある。再配置、戦闘準備期間の短縮、第一弾予備兵投入を考慮した体制の準備、新たな兵器の軍への供給といった多くの作業が行われた」と説明し、また、対空防衛が特に強化されたことを指摘した。

同時に、ポロシェンコ大統領は、ウクライナを巡る安全保障情勢は変化していないと述べ、ウクライナの諜報機関の情報は欧州安全保障協力機構(OSCE)監視団の報告により裏付けできていると発言した。大統領は、具体的に「ルハンシク地区に、種々の機器、自走多連装ロケット砲グラートが確認されており、火砲の数が増えている。NATO内の同盟国の衛星写真で確認された戦車も撤収されていない。アゾフ海のロシア軍のプレゼンスも下がっていない」と報告した。

その上で、ポロシェンコ大統領は、戒厳令を終了するのは、来る大統領選に向けて、国民の選挙権を保障するためであると指摘した。

これまでの報道にあるように、ポロシェンコ大統領は、本日午後2時、ウクライナ国内10州における戒厳令の終了を発表した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-