大統領、国内10州での戒厳令の終了を発表

大統領、国内10州での戒厳令の終了を発表

ウクルインフォルム
ポロシェンコ大統領は、ウクライナ10州の戒厳令の終了を発表した。

26日、ポロシェンコ大統領が、国家安全保障国防会議(NSDC)会合において発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

大統領は、「本日午後2時、戒厳令が終了する。これは、私の原則的決定であり、この決定は、国家の現在の治安情勢の種々分析にもとづいている」と発言した。

一方、大統領は、情勢については「ほとんど変化がない」と指摘した。

なお、現在の戒厳令は、11月25日にケルチ海峡付近で、ロシアの艦船がウクライナの艦船に対し攻撃をし、これらの船をだ捕、船員を拘束するという攻撃行為への対応として発動されていた。

以降、被占領下クリミアの「裁判所」は、拘束したウクライナ海軍軍人24名を「ロシアの国境を違法に越境した」として有罪とし、逮捕の判決を下していた。これら軍人は、クリミアからモスクワの拘置所「レフォルトヴォ」あるいは「マトロスカヤ・チシナ」に移送されている。

この攻撃を受けて、ウクライナの国家安全保障国防会議(NSDC)は、ポロシェンコ大統領に、60日間の戒厳令の発動を提案。大統領は、同会議の決定を11月26日から1月25日までを発動期間とする発効する大統領令に署名した。しかし、その後、大統領は、最高会議(国会)に対して、戒厳令の期間が12月31日に開始する大統領選挙期間にかからないようにするため、その期間を30日間とすることを提案すると発言した。

最高会議は、11月26日に、発動期間を30日間、適用地域をロシアとモルドバに国境を接する、あるいは黒海・アゾフ海に面する10州に限定した上で、大統領令を確定する法律を採択した。

確定された大統領令によれば、戒厳令の発動期間は、2018年11月26日午後2時から、同年12月26日午後2時までとなっていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2019 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-