OSCE国境監視団:軍服着用人物40人が政府管理のない露との国境地点を通過

OSCE国境監視団:軍服着用人物40人が政府管理のない露との国境地点を通過

ウクルインフォルム
過去1週間、軍服を着用した40人がロシアの国境検問地点「グコヴォ」と「ドネツク」を通じて、ウクライナ政府が管理できていない地域へ移動した。

2日、ロシア・ウクライナ間国境のロシア側国境検問地点「グコヴォ」と「ドネツク」を監視する、欧州安全保障協力機構(OSCE)国境監視団(OM)の週間報告書で発表された。

報告には、「本報告書の観測週、国境を双方向に越境する軍服を着た人物の数は、40名に増加した(前観測週は、26名)。そのうち、12名がロシア側へ越境、28名がウクライナ側へ越境した(これら人物の93%は、国境検問地点『ドネツク』を通じて越境した)」と記述された。

軍服着用人物は、単独である場合、集団である場合、徒歩で越境する場合、車両で越境する場合があることが報告された。また、監視要員は、車両で越境する場合、特に着色ガラスが用いられた車両の場合、乗車する人物の監視が困難であることを指摘した。

加えて、同観測週、両国境検問地点を409台のバスが通過。その中には、路線の記載された通常路線(その多くが、ウクライナ・ルハンシク市~ロシア領間の移動)のものと、路線の記載がなく「不定期路線」と書かれたものがあったとのこと。また、運搬用と旅客用のマイクロバスが計156台越境したとのこと。

同観測週、両国境検問地点を、903台の運搬車両が通過(前観測週は880台)。うち493台がロシア領へ移動。うち60台が燃料輸送車であったとのこと。

また、OM監視員は、「グコヴォ」から南西にある鉄道路を通って鉄道が通過する音を17回聞いたことを報告した(うち、9回がロシア領へ、8回がウクライナ領への移動)。

報告書によれば、ロシア国境検問地点「グコヴォ」と「ドネツク」で常駐監視を行っているOM要員数は、22名とのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-