統一部隊作戦本部、ドンバス地方で10平方キロメートル領域のコントロール獲得との情報を否定

統一部隊作戦本部、ドンバス地方で10平方キロメートル領域のコントロール獲得との情報を否定

ウクルインフォルム
統一部隊作戦本部は、8月以降、ドンバス地方で安全圏を10平方キロメートル拡大したとの情報を否定しつつ、4月の統一部隊作戦の開始以降では被占領地域のコントロールを計15平方キロメートル回復していることを説明した。

1日、ヴヤチェスラウ・ペトロウシキー統一部隊作戦広報室長がウクルインフォルムの記者に伝えた。

ペトロウシキー広報室長は、「サイト『オボズレヴァテリ』が拡散した情報は、誤りです。私は、統一部隊作戦の開始から、ウクライナ軍が15平方キロメートルのコントロールを得ていることを強調します。つまり、敵の突然の攻撃から部隊を防衛する安全確保のための地帯が15平方キロメートル拡大したということです」と述べた。

また、同広報室長は、同拡大は、「ピウデンネ」、「ゾロテー4」等に関係すると説明し、「(この拡大の)実行は、『グレー』ゾーンからの攻撃から安全を確保するために行われました。主な目的は、配置地点と部隊の周辺に安全地帯を創設することです」と強調した。

1日、ウェブサイト「オボズレヴァテリ」は、8月初頭以降、ウクライナ東部のドンバス地方の統一部隊作戦圏において、ウクライナ軍が安全地帯を10平方キロメートル以上拡大したと発表していた。つまり、この発表では、セルヒー・ナイェウ統一部隊作戦司令官による、同作戦開始以降ウクライナ軍が15平方キロメートルのコントロールを獲得したという最新の公式情報以降、さらに同地帯を拡大したということを意味していた。

なお、ドネツィク・ルハンシク両州領域における反テロ作戦は、4月30日に統一部隊作戦へと変更されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-